​西垣正信

  Masanobu Nisigaki

京都に生まれる。フランス国立ニース音楽院にてアンリ・ドリニ氏に師事。1971年、同音楽院を審査員全員一致の特別表彰を得て首席で卒業。翌年にはニースオペラ座での管弦楽団との「アランフェス協奏曲」のリサイタルにニース市音楽大賞が与えられる。

以降、フランス・スイスをはじめヨーロッパ各国、イギリス、アジア、東欧でのリサイタルやマスタークラスに招聘。国内ではかつて現代音楽の武満徹氏や松本日之春氏、福士則夫氏の新作初演をつとめ、室内楽ではフルートのマクサンス・ラリュー氏をはじめとしてミヒャエル・コフラー氏、 グルセン・タトゥ氏、ロバート・エイトケン氏など著名な音楽家との共演を多数行う。

 

ソリストとしては、2000年にイギリス・フランス各地で「バッハ没後250年記念リュート組曲全曲コンサート」に招聘。またバッハ「ゴールドベルグ変奏曲」をギター2重奏に編曲し世界で初めて出版したことも話題となり、バッハ弾きとしてその名が知られる。2002年イギリスヨークカレッジの委嘱により「新古今和歌集によるモノドラマ」を作曲し、イギリス国立古楽センターにて初演。毎年フランス・スイスでのリサイタルに招聘され、2015年は「シューベルト/アルペジョーネ・ソナタ」、2016年は「ラヴェル/ボレロ」を世界初となるギターソロで演奏。

現在も日本とヨーロッパを主な拠点とし、正統派クラシック音楽、バッハ・スカルラッティ・シューベルト・ベートーヴェン・ショパン・ファリャ・ドビュッシー・ラヴェルなどに光を当てたリサイタルを行う。一方、詩の朗読(日本語・英語・フランス語)やコンテンポラリーダンス、能舞台での和製楽器との共演など音楽を芸術として魅せる挑戦も行っている。

著作には、「小組曲」(ロンドンユナイテッド社刊)、バッハ「ゴールドベルグ変奏曲」、シューベルト「冬の旅」声楽ギター版とギターソロ版と「アルペジオーネソナタ」を出版。いずれもギター譜として国内外問わず著名な出版となっている。最新には2016年にギター独奏による「ドビュッシー/喜びの島」と「ラヴェル/ボレロ」を含むフランス曲集「ドビュッシー&ラヴェル」の楽譜とCDを発表。

現代音楽作曲家・福士則夫氏評

「ドビュッシー、ラヴェルを突き抜けた西垣ワールドの創造性を実感するエネルギーがここにある!」

1982年よりスペイン政府主催マリアカナルス音楽コンクール審査員。1991年よりフランス・ニース市にて夏期マスタークラスを持つ。ニース・ヴィラロボスギターコンクール審査員長。

国内でも高校や大学にて才能ある若い音楽家たちの育成に尽力し、これまでに国内外で活躍する音楽家を多数輩出している。

English:

Masanobu Nisigaki was born in Kyoto, Japan.

He graduated from the Conservatoire de Nice in 1971. He was awarded the Premier Prix. In 1972, he was also awarded the Grand Prix de la Ville de Nice for his interpretation of Concerto de Aranjuez with Nice City Orchestra. 
He has given numerous guitar concerts in France, Italy, Spain, Monaco and the UK, while teaching music and the guitar at several Japanese universities and colleges as a visiting professor. 
Since 1987 he has been a member of the jury of the Maria Canals International Music Competition sponsored by the Spanish government. 

Francais:

Né à Kyoto au Japon, Masanobu Nisigaki a eu une "première vie" dans l'atmosphère religieuse et retirée de monastères bouddhistes "ZEN". Cette période monastique a forgé chez lui une rigueur et une conscience hors du commun. Doué d'une sensibilité exceptionnelle il a trouvé dans la guitare le moyen d'exprimer ses sentiments et ses rêves de perfection et d'harmonie.

Premier prix du Conservatoire de Nice en 1971, Grand Prix de la Ville de Nice pour son interprétation du Concerto d'Aranjuez de Joaquim Rodrigo avec l'orchestre de Nice, depuis 1987 il est membre du Grand Jury du Concours International de Musique "Maria Canaïs" sous l'égide du gouvernement espagnol. Reconnu et apprécié de ses pairs, Masanobu Nisigaki a donné nombre de concerts de guitare à travers le monde, s'illustrant en France, Italie, Grande-Bretagne, Espagne, Thaïlande etc., tout en étant invité à enseigner la musique et la guitare dans plusieurs Universités européennes et japonaises. Masanobu Nisigaki est actuellement considéré comme l'un des meilleurs interprètes de la guitare classique du monde.

CONTACT【問い合わせ先】:sonorite@koube.jp
© masanobu nishigaki All rights reserved.